マナーを守って遊ぼう

黒のワンピースを着た女性

キャバクラは、綺麗で華やかな女の子とお酒を飲みながら楽しい時間を楽しむことができる、素敵なお店です。仕事帰りのサラリーマンが立ち寄ったり、会社の接待でもよく使われます。そんなキャバクラで過ごす時間を台無しにしないためには、マナーを守って利用することが大切です。

キャバクラのマナー

性的サービスを求めない

まず、通常のキャバクラは女の子と近い距離でお酒を飲みながら会話をする、というサービスが基本で、当然風俗サービスを行うアダルトなお店とは異なります。キャバ嬢は胸元が開いたセクシーなドレスを着ていることが多いですが、だからと言ってしつこくスキンシップをとろうとしたり、セクハラ行為をすることは良くありません。

女の子を大事にする

キャバクラはお酒を楽しむ場所ではありますが、泥酔して執拗に絡んだりすると女の子に嫌がられます。セクハラ行為はもちろんですが、女の子を馬鹿にしたような態度をとったり、暴言を吐いたりするのはやめましょう。自分がお客様だとは言え、女の子を大事にする姿勢は大切です。

最低限のマナーを守ればOK

お店や女の子に迷惑をかけないための最低限のマナーを守れば、あとは基本的に好きに振る舞って構いません。キャバクラ嬢、特に人気のある女の子は話し上手で聞き上手なので、とにかくストレス発散のために喋りたい男性はずっと自分主導で話をしても良いですし、反対に口下手な男性は女の子に色々と話してもらうのも良いでしょう。それでも会話のきっかけは大事ですので、自分の仕事の話をしておくのが無難です。後はそこから女の子が広げてくれるので、無理して話す必要はありません。